お知らせNews

今後のイベント

フィールド言語学ワークショップ 2019年度の予定が決まりました

投稿日:2019.06.03

今年度は次のワークショップを開催予定です。詳細は以下のページで随時更新します。

活動:研究者養成ワークショップ
https://lingdy.aa-ken.jp/activities/training-ws

5月29日(水)(終了しました)

テクニカルワークショップ「フィールドノート(2):デジタルツールの活用」

詳しくはこちらをご覧ください。

7月10日(水)・17日(水)(2回完結)(終了しました)

テクニカルワークショップ「伝わるポスター・プレゼン」

詳しくはこちらをご覧ください。

9月24日(火)(終了しました)

文法研究ワークショップ「言葉遊びと音韻論(1)」

詳しくはこちらをご覧ください。

10月23日(水)(終了しました)

テクニカルワークショップ「文書編集にテキストエディタを:検索・置換の様々な使いどころ」

詳しくはこちらをご覧ください。

12月11日(水)(終了しました)

文法研究ワークショップ「研究発表のアブストラクトを考え直す」

詳しくはこちらをご覧ください。

2020年1月15日(水)(終了しました)

テクニカルワークショップ「フィールド言語学のデータマネジメント」

詳しくはこちらをご覧ください。

2020年1月24日(金)(終了しました)

文法研究ワークショップ「言葉遊びと音韻論(2)」

詳しくはこちらをご覧ください。

2020年2月26日(水)–28日(金)(延期になりました)

「春のフィールド言語学フェスタ」

3日間のワークショップです。1日目は講演、2日目および3日目午前は研究・調査に役立つ内容の実習(今年度のワークショップの内容を一部含む)、3日目午後は個別の調査・研究相談などを行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

フィールド言語学ワークショップとは

フィールド言語学ワークショップはアジア・アフリカ言語文化研究所がフィールド言語学・記述言語学を専門とする研究者の養成を目的として行っている事業の一つで、LingDy3プロジェクトが中心となって企画・運営を行っています。主に調査・研究の技術的側面を扱う「テクニカルワークショップ」と音韻・文法の分析・記述などの理論的な側面を扱う「文法研究ワークショップ」の二つを行っています。

フィールド言語学ワークショップ
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/training/fieldling-ws

 

(2019年6月3日 記事公開)
(2019年6月4日 記事更新)
(2019年6月10日 記事更新)
(2019年6月18日 記事更新)
(2019年6月24日 記事更新)
(2019年9月30日 記事更新)
(2019年10月23日 記事更新)
(2019年11月12日 記事更新)
(2019年12月4日 記事更新)
(2019年12月16日 記事更新)
(2019年12月19日 記事更新)
(2020年1月20日 記事更新)
(2020年1月22日 記事更新)
(2020年1月27日 記事更新)
(2020年1月30日 記事更新)

印刷

PAGE
TOP