メンバーMembers

本プロジェクトに参加しているAA研の専任スタッフと研究員は以下の通りです。

塩原 朝子(しおはら あさこ)

准教授

LingDy3プロジェクトリーダー(2019年度–)

対象言語・地域

スンバワ語・バリ語・マレー語など(インドネシア)

LingDy3での主な活動

インドネシアの様々な言語の言語ドキュメンテーションを現地の研究者・話者コミュニティと共同で行っています。自身でスンバワ語・ヘロン語などのドキュメンテーションを行うとともに、インドネシアの研究機関で現地研究者・話者コミュニティにドキュメンテーションの手法を伝えるトレーニングワークショップを定期的に開催しています。

リンク

青井 隼人(あおい はやと)

特任研究員

対象言語・地域

南琉球宮古語多良間方言(日本)、北琉球国頭語伊江方言(日本)

LingDy3での主な活動

日本には8の消滅危機言語がUNESCOによって認められていますが、そのうち6言語が琉球列島に集中しています。琉球列島の言語の多様性をより広く知ってもらうためのイベントを企画していきたいと思っています。

リンク

安達 真弓(あだち まゆみ)

助教

対象言語・地域

ベトナム語(本国ベトナムや、在外ベトナム系移民コミュニティ)

LingDy3での主な活動

2018年度に移民の言語に関する国際シンポジウムをオーガナイズし、その発表論文を翌年度に学術雑誌の特集として編集・刊行しました。今後も、多言語・多文化の共生など、社会言語学的テーマについての共同研究を進めていきたいです。

リンク


PAGE
TOP