活動Activities

開催日:2018.02.13[火]- 02.14[水]

研究者養成ワークショップ / 文法研究ワークショップ
終了

第13回文法研究ワークショップ:会話データに基づく文法研究

投稿日:2018.02.13

「文法研究ワークショップ」は、記述言語学を志す学生や研究者が最新の研究成果や調査データを紹介しあうことにより、学生・研究者の交流や、情報共有を行なうことを目的としたワークショップです。
今回はアジア・アフリカ言語文化研究所のMichael C. Ewing客員教授と中山俊秀教授を講師に迎え「会話」に基づく文法研究をテーマとした二日間のワークショップを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

参加には、お申し込みが必要です。2月9日(金)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(ただし、定員に達し次第締め切ります)。

日時

2018年2月13日(火)~14日(水) 10:30–15:30

場所

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階304室

講師

  • Michael C. Ewing (AA研客員教授、メルボルン大学)
  • 中山俊秀 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授)

プログラム

2月13日(火)
Grammar in conversation

  1. 10:30–11:15
    Lecture 1: Clauses in Indonesian conversation (Ewing)
  2. 11:15:–12:00
    Lecture 2: Unexpected syntax in Japanese conversation (Nakayama)
  3. 12:00–13:00
    Lunch
  4. 13:00–15:30
    Data session — Examining language in conversation
    — We will examine conversational data to see what interesting linguistic patterns and structures we can identify.

2月14日(水)
Cross-genre variation: Conversational data collection and transcription

  1. 10:30–11:15
    Lecture 3: How language use and patterns differ across genres?
  2. 11:15–12:00
    Lecture 4: Introduction to discourse transcription
  3. 12:00–13:00
    Lunch
  4. 13:00–15:30
    Practical training: recording & transcribing a conversation

参加資格

上記のテーマに関心のある研究者・学生(大学院生以上を原則とします)

定員

20名程度

使用言語

英語(適宜日本語での質問も受け付けます)

参加費

無料

主催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局

E-mail: info-lingdy[at]aacore.net※[at]@に変えて送信してください。)

お申し込み

参加には、お申し込みが必要です。2月9日(金)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(ただし、定員に達し次第締め切ります)。

印刷

PAGE
TOP