活動Activities

開催日:2018.01.25[木]

研究者養成ワークショップ / 文法研究ワークショップ
終了

第12回文法研究ワークショップ:「場所」を項とする動詞

投稿日:2017.12.11

「文法研究ワークショップ」は、記述言語学を志す学生や研究者が最新の研究成果や調査データを紹介しあうことにより、学生・研究者の交流や、情報共有を行なうことを目的としたワークショップです。

今回は「場所」を項とする動詞に関連する通言語的な特徴や多様性を観察し、この問題に関する様々なアプローチを考えます。「場所(イベントが起こる場所、目的地、出発地、経路、着点など)」を表す形態統語的手段は多様ですが、本ワークショップでは「場所」が動詞の項として現れる場合を取り上げます。例えば、以下のような様々な側面からの議論が考えられます。

  • 「場所」が項となる動詞(主に2項動詞)の意味的特徴
  • 「場所」が動詞の項となる言語における、「場所」を表す他の形態統語的手段
  • 「場所」が動詞の項となる場合と、他の形態統語的手段で表される場合の文法的・意味的な違い

参加には、お申し込みが必要です。1月24日(水)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(ただし、定員に達し次第締め切ります)。

日時

2018年1月25日(木)13:30–17:30

場所

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)3304室マルチメディア会議室

プログラム

13:30–14:30
阿部優子
(AA研共同研究員、東京女子大学)
「場所を項とするスワヒリ語動詞」

14:30–15:30
岡本進
(東京外国語大学大学院博士後期課程)
「フィジー語の他動詞目的語に現れる名詞句の意味役割:「場所」を中心に」

15:50–16:50
小林美紀
(国立アイヌ民族博物館設立準備室)
「場所を項とするアイヌ語動詞」

16:50–17:30
全体討論

参加資格

上記のテーマに関心のある研究者・学生(大学院生以上を原則とします)

定員

20名程度

使用言語

日本語

参加費

無料

主催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局

E-mail: info-lingdy[at]aacore.net※[at]@に変えて送信してください。)

お申し込み

1月24日(水)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(ただし、定員に達し次第締め切ります)。

印刷

PAGE
TOP