活動Activities

開催日:2012.10.07[日]- 10.08[月]

研究会・シンポジウム / 国際シンポジウム・ワークショップ
終了

国際ワークショップ:インドネシア周辺の言語の節連結

投稿日:2012.10.07

このワークショップの目的は、インドネシア周辺の言語を研究している内外の研究者が集まり、研究対象の言語の「節連結」について情報交換を行うことです。

開催日

2012年10月7日(日)–8日(月)

場所

東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 306号室

参加費

無料

主催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 言語ダイナミクス科学研究プロジェクト

運営

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同利用・共同研究課題 インドネシア諸語の記述的研究:その多様性と類似点

スピーカー

  • Anthony JUKES (RCLT,ラ・トローブ大学, AA研共同研究員)
  • Antonia SORIENTE (ナポリ東洋大学, AA研共同研究員)
  • 塩原 朝子 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 内海 敦子(明星大学, AA研共同研究員)
  • John BOWDEN (マックス・プランク進化人類学研究所, ジャカルタフィールドステーション)
  • 稲垣 和也 (日本学術振興会特別研究員、京都大学、AA研共同研究員)
  • Mark DONOHUE (オーストラリア国立大学)
  • 月田 尚美 (愛知県立大学、AA研共同研究員)
  • Yanti (アトマ・ジャヤ・インドネシアカソリック大学)

コーディネーター

  • Anthony JUKES (RCLT, ラ・トローブ大学)
  • Antonia SORIENTE (ナポリ東洋大学/マックス・プランク進化人類学研究所)
  • 塩原 朝子 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 内海 敦子 (明星大学)

登録方法

参加を希望される方は、「ワークショップ申込み」と明記し、 下記の内容をご記入のうえ、10月4日(木)までにE-mailにて事務局宛にお申込みください。折り返しご連絡をさしあげます。どなたでもご参加いただけますが、お席に限りがございますので、できるだけ事前にご登録下さいますよう、お願いいたします。

  1. 氏名(名札用にローマ字表記も添えてください)
  2. 連絡先(ご所属、E-mailアドレス)
  3. 参加日程(全日程、7日のみ、など)

言語ダイナミクス科学研究プロジェクト(LingDy)事務局
lingdy-office[atmark]aacore.net

プログラム

プログラムの詳細は、下記をご覧ください。

TIMETABLE

7 October (Sun.)

10:00–11:00 “Coordination and subordination, and the relationship between grammar and discourse”
Mark DONOHUE (ANU)
Abstract (10K),
11:00–12:00 “Types of clause combining in Bantik”
Atsuko UTSUMI (Meisei University/ ILCAA Joint Researcher)
12:00–13:00 Lunch
13:00–14:00 “Clause combining in Kadorih”
Kazuya INAGAKI (JSPS Research Fellow / Kyoto University/ ILCAA Joint Researcher)
Abstract (10K),
14:00–15:00 “Subordination, coordination, juxtaposition and lexical borrowing in clause combining in Punan and Kenyah languages of Borneo”
Antonia SORIENTE (University of Naples “L’Orientale”/ ILCAA Joint Researcher)
Abstract (9K),
15:00–16:00 “Clause combining without a conjunction in Sumbawa”
Asako SHIOHARA (ILCAA, TUFS)
16:00–17:00 Discussion

8 October (Mon.)

10:00–11:00 “Loosely connected clauses in Seediq”
Naomi TSUKIDA (Aichi Prefectural University/ ILCAA Joint Researcher)
Abstract (16K),
11:00–12:00 “Relative clauses in Makassarese”
Anthony JUKES (CRLD, La Trobe University/ ILCAA Joint Researcher)
Abstract (29K),
12:00–13:00 Lunch
13:00–14:00 “Relative clauses in Jambi Malay and Kerinci”
Yanti*, Tim MCKINNON^, Peter COLE° and Gabriella HERMON° (*Atma Jaya Catholic University of Indonesia; ^Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology; °University of Delaware)
Abstract (24K),
14:00–15:00 “Combining clauses in Taba”
John BOWDEN (Jakarta Field Station, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)
Abstract (9K),
15:00–16:00 “Grammatical functions and pragmatic considerations in clause combining”
Mark DONOHUE (ANU)
Abstract (24K),
16:00–17:00 Discussion

ABSTRACTS/ HANDOUTS

  • “Coordination and subordination, and the relationship between grammar and discourse”
    Mark DONOHUE (ANU)
    Abstract (10K), Handout (48K), Handout [ppt] (2.0M)
  • “Types of clause combining in Bantik”
    Atsuko UTSUMI (Meisei University/ ILCAA Joint Researcher)
    Handout (206K)
  • “Clause combining in Kadorih”
    Kazuya INAGAKI (JSPS Research Fellow / Kyoto University/ ILCAA Joint Researcher)

    Abstract (10K), Handout (181K)

  • “Subordination, coordination, juxtaposition and lexical borrowing in clause combining in Punan and Kenyah languages of Borneo”
    Antonia SORIENTE (University of Naples “L’Orientale”/ ILCAA Joint Researcher)
    Abstract (9K)

  • “Clause combining without a conjunction in Sumbawa”
    Asako SHIOHARA (ILCAA, TUFS)
    Handout (297K)

  • “Loosely connected clauses in Seediq”
    Naomi TSUKIDA (Aichi Prefectural University/ ILCAA Joint Researcher)
    Abstract (16K), Handout (146K)

  • “Relative clauses in Makassarese”
    Anthony JUKES (CRLD, La Trobe University/ ILCAA Joint Researcher)
    Abstract (29K), Handout (519K)

  • “Relative clauses in Jambi Malay and Kerinci”
    Yanti*, Tim MCKINNON^, Peter COLE° and Gabriella HERMON° (*Atma Jaya Catholic University of Indonesia; ^Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology; °University of Delaware)
    Abstract (24K), Handout (474K)

  • “Combining clauses in Taba”
    John BOWDEN (Jakarta Field Station, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)
    Abstract (9K), Handout [ppt] (674K)

  • “Grammatical functions and pragmatic considerations in clause combining”
    Mark DONOHUE (ANU)
    Abstract (24K), Handout (80K), Handout [ppt] (861K)

アクセス・お問い合わせ先

会場へのアクセスはこちらをご参照ください。
お問い合わせは、言語ダイナミクス科学研究プロジェクト事務局 lingdy-office[atmark]aacore.net 宛にお寄せください。

印刷

PAGE
TOP