活動Activities

開催日:2017.02.18[土]- 02.19[日]

一般向けイベント / その他
終了

国際シンポジウム「チベット牧畜民の「いま」を記録する」

投稿日:2017.01.18

*本イベントは終了しました。

チベットの牧畜語彙辞典を作ろうと結成された研究チームによる国際シンポジウムです。1日目は研究チームがこれまでの調査を報告、2日目はチベット人の映像作家、実業家、研究者による牧畜文化の諸相をめぐる講演です。

両日とも、AA研1階展示室にて「チベット牧畜民の仕事展」を公開しています。また、2日目の10:30-12:00は研究チームが制作した映像作品「チベット牧畜民の一日」の上映も予定しています。お誘い合わせのうえ、お越しください。

日時

2017年2月18日(土)13:00–18:00
2017年2月19日(日)13:00–17:00

場所

アジア・アフリカ言語文化研究所 3階304室

プログラム

2月18日(土)

別所裕介(AA研共同研究員、京都大学)
「チベット牧畜民の「いま」を記録する:趣旨説明」

山口哲由
「牧畜政策の変遷と放牧の変化」

平田昌弘(AA研共同研究員、帯広畜産大学)
「アムド系チベット牧畜民のミルクの世界」

ナムタルジャ(AA研共同研究員、滋賀県立大学大学院生)
「チベットの牧畜社会におけるヤクの糞の名称とその利用法について:中国青海省黄南チベット族自治州沢庫県の事例」

別所裕介(AA研共同研究員、京都大学)
「草原の地価上昇?:アムド・ゴロク地方の冬虫夏草バブルと不動産投機」

海老原志穂(AA研共同研究員、AA研ジュニア・フェロー)
「家畜は宝物」

星泉(AA研所員)
「牧畜文化辞典をつくる」

全員  総合討論

コメンテーター 棚瀬慈郎(滋賀県立大学)、西田愛(神戸市外国語大学)

2月19日(日)

10:30-12:00

映像作品「チベット牧畜民の一日」上映

13:00-17:00

カシャムジャ (AMILOLO FILM)
「スクリーンの上の牧畜民―アムド牧畜民に関する民族学的映像製作から得たこと」

ニャンチャクジャ (GANGLHA)
「持続可能なチベットコミュニティを目指してー地域発展のための社会起業家たちへのローカルな取り組み」

ジャブ(AA研共同研究員、青海師範大学)
「チベット牧畜民の口承文学」

全員  総合討論

コメンテーター 村上大輔(駿河台大学)、根本裕史(広島大学)

使用言語

日本語・チベット語(通訳あり)

参加費

無料

事前申込

不要

共催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築 (LingDy3)」
  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同利用・研究課題「“人間―家畜―環境をめぐるミクロ連環系の科学”の構築 ~青海チベットにおける牧畜語彙収集からのアプローチ」(牧集P)
  • 科研費基盤研究(B)「チベット牧畜民の生活知の研究とそれに基づく牧畜マルチメディア辞典の編纂」(研究代表者:星泉(AA研所員)、課題番号 15H03203)

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

印刷

PAGE
TOP