活動Activities

開催日:2017.08.11[金]- 08.17[木]

言語の記録・保存
終了

サバ州の言語に関する共同研究ワークショップ(マレーシア)

投稿日:2017.07.20

サバ州で話されている言語(ドゥスン及びマレー語変種)を調査し、成果を共有するためのワークショップです。日本とマレーシアから言語学者が集まり、現地者の協力を得て行います。

日時

2017年8月11日(金)–8月17日(木)
9:00–17:00(17日のみ10:00–13:00)

場所

サンセット & シービュー バケーション コンド シティセンター、調査協力者宅

参加者

  • 塩原朝子(AA研所員)
  • 野元裕樹(東京外国語大学)
  • 三宅良美(秋田大学)
  • Kartini Abd. Wahab(マレーシア国民大学)

母語話者

  • Mohd Izzuddin Fitri Bin Abd Aziz(ブルネイ・マレー語)
  • Reo Richie H Bating(ドゥスン語)

使用言語

英語、マレー語(通訳はありません)

参加費

無料

事前申込

参加希望の方は2017年8月3日(木)までにご連絡ください。

共催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
  • 科学研究費(若手B)「数の仕組みとその文法・情報構造との関連の通言語的研究」(代表者:野元裕樹(東京外国語大学), 課題番号:26770135)

連絡先

塩原朝子(AA研所員)

E-mail: asako[at]tufs.ac.jp([at]を@に置き換えてください。)

印刷

PAGE
TOP