活動Activities

開催日:2012.02.17[金]- 02.18[土]

言語の記録・保存
終了

インドネシアの言語—話者とフィールド調査の今

投稿日:2012.02.17

このワークショップの目的は、インドネシアの少数言語・地方語Indigenous Languagesを調査・研究している研究者が一堂に会し、情報交換を行うことです。またそれを通じ、この地域で新しく調査を開始しようとしている若い学生や研究者に有用な情報を提供することも目指しています。

インドネシアには600以上の言語がありますが、その多くは国語インドネシア語Bahasa Indonesiaへの言語シフトにより若い世代への継承が行われなくなりつつあります。

このような少数言語・地方言語の話者数の減少は今までにないスピードで進んでおり、それを受けて国内外のチームがさまざまなプロジェクトを通じて言語の記述・保存に取り組んでいます。このワークショップでは、そのような状況を受け、インドネシア各地における最新の調査・研究状況をリポートし、近年のプロジェクトがどのような成果をあげてきたか、今後の課題はどのようなものであるかを話し合います。

また、それと同時にそれらの言語で最近明らかになった興味深い言語学的特徴も扱います。これらの特徴について紹介し議論することによって、より多くの若い研究者や学生が言語の宝庫であるインドネシアにおける調査に関心をもってくれることを期待します。

日時

2012年2月17日(金)~18日(土)

会場

東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 306号室

参加費

無料

主催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 言語ダイナミクス科学研究プロジェクト

運営

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同利用・共同研究課題 インドネシア諸語の記述的研究:その多様性と類似点

スピーカー

  • Alexander ADELAAR (メルボルン大学アジア研究所、オーストラリア/国立民族学博物館)
  • Anthony JUKES (RCLT, ラ・トローブ大学、オーストラリア)
  • Antonia SORIENTE (ナポリ東洋大学、イタリア/マックス・プランク進化人類学研究所、ドイツ)
  • 内海 敦子 (明星大学)
  • Budi SUDARMANTO (国立言語研究所パレンバン支局、インドネシア)
  • František KRATOCHVÍL (ナンヤン工科大学、シンガポール)
  • Hendrik PAAT (マナド大学、インドネシア)
  • I Wayan BUDIARTA (ムンタリ外国語大学、インドネシア)
  • Jermy BALUKH (ヌサンタラ・チャクラワラ外国語大学、インドネシア)
  • John BOWDEN (マックス・プランク進化人類学研究所ジャカルタフィールドステーション、インドネシア)
  • 稲垣 和也 (京都大学)
  • 西山 國雄 (茨城大学)
  • 月田 尚美 (愛知教育大学)
  • Nikolaus P. HIMMELMANN (ケルン大学、ドイツ)
  • Simon MUSGRAVE (モナシュ大学、オーストラリア)
  • Timothy MCKINNON (マックス・プランク進化人類学研究所、ドイツ/デラウェア大学、アメリカ合衆国)

コーディネーター

  • Anthony JUKES (RCLT, ラ・トローブ大学)
  • Antonia SORIENTE (ナポリ東洋大学/マックス・プランク進化人類学研究所)
  • 塩原 朝子 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 内海 敦子 (明星大学)

登録方法

参加を希望される方は、「ワークショップ申込み」と明記し、 下記の内容をご記入のうえ、2月6日(月)までにE-mailにて事務局宛にお申込みください。折り返しご連絡をさしあげます。どなたでもご参加いただけますが、お席に限りがございますので、できるだけ事前にご登録下さいますよう、お願いいたします。

  1. 氏名(名札用にローマ字表記も添えてください)
  2. 連絡先(ご所属、E-mailアドレス)
  3. 参加日程(全日程、17日のみ、など)
  4. 懇親会参加の有無(2月17日 19:00より開催予定。参加費 3,500円)

言語ダイナミクス科学研究プロジェクト(LingDy)事務局
lingdy-office[atmark]aacore.net

プログラム

プログラムの詳細は、下記をご覧ください。

TIMETABLE

17 February (Fri.)

9:30–10:00 Registration and Opening

Plenary Talks

10:00–10:40 “Prosody in language description: Taking spoken language seriously”
Nikolaus P. HIMMELMANN
Abstract (10K), Handout (785K)
10:50–11:30 “Siraya: the revival of a dormant Formosan language”
Alexander ADELAAR
Abstract (10K), Proceeding (996K) Handout (1.1M)

Reports on research in individual regions

1) Maluku
11:40–12:10 “Local languages in Maluku: the historical context and current situation”
Simon MUSGRAVE
Abstract (4K), Handout (7.6M)
12:10–13:30

Lunch

2) NTT
13:30–14:00 “Current research into languages of Nusa Tenggara Timur”
John BOWDEN
Abstract (11K), Handout (6.0M)
14:00–14:30 “Language Documentation in Southern Indonesia: Rote, Dhao, and Kupang”
Jermy BALUKH
Abstract (16K), Handout (619K)
14:30–15:00 “Current Status of Language Documentation in the Alor-Pantar Archipelago”
František KRATOCHVÍL
Abstract (99K), Handout (3.3M)
15:00–15:10 “Comment: Kemak Language: Current Language Documentation”
I Wayan BUDIARTA
Proceeding (1.0M),
3) Sulawesi
15:10–15:40 “Language description and documentation in Sulawesi”
Anthony JUKES and Hendrik PAAT
Abstract (6K), Handout (30M)
4) Kalimantan
15:50–16:35 “Kalimantan languages: An overview of current research and documentation”
Antonia SORIENTE and Kazuya INAGAKI
Abstract (24K), Handout 1 (2.2M), Handout 2 (2.0M)
5) Sumatra
17:00–17:30 “State of Linguistic Research in (South) Sumatera”
Budi SUDARMANTO
Abstract (16K), Handout (446K)
17:30–18:00

“Recent Work on Languages in Sumatra: in and around Jambi”

Timothy MCKINNON

6) Papua
18:00–18:30 “Language Documentation in Papua: The state of the art”
Apriani ARILAHA, Nikolaus P. HIMMELMANN, Novita NDIKEN and Sutriani NARFAFAN
Handout (1.2M)
19:00–21:00 Reception

18 February (Sat.)

A taste of Nusantara: linguistic diversity in the minority languages of Indonesia

10:00–10:40 “Bantik Morphology: Postulating Subtypes of the bases”
Atsuko UTSUMI
Abstract (340K), Handout (29M)
10:50–11:30 “Emotion and Cognition Predicates in Abui”
František KRATOCHVÍL and Benidiktus DELPADA
Abstract (61K), Handout (6.8K)
11:40–12:20 “Continuum of Serial Verb Construction and Nominal Clause in Seediq”
Naomi TSUKIDA
Abstract (12K), Handout (243K)
12:20–13:30

Lunch

13:30–14:10 “What is Kerinci?:An closer look at the geography of its core properties”
Timothy MCKINNON
Abstract (40K),
14:20–15:00 “Possessive Constructions in Lamaholot”
Kunio NISHIYAMA
Abstract (17K), Handout (883K)
15:10–15:50 “Grammatical relations in Sou Amana Teru”
Simon MUSGRAVE
Abstract (17K), Handout (1.6M)
16:00–16:40 “Patient / goal marking in Helong”
John BOWDEN
Abstract (42K), Handout (3.6M)
16:40–16:55

“Comments: Research on Individual Languages in Indonesia”

Ketut ARTARA and Jermy BALUKH

ABSTRACTS/ HANDOUTS

Plenary Talks

  • “Prosody in language description: Taking spoken language seriously”
    Nikolaus P. HIMMELMANN
    Abstract (10K), Handout (785K)
  • “Siraya: the revival of a dormant Formosan language”
    Alexander ADELAAR
    Abstract (10K), Proceeding (996K) Handout (1.1M)

Reports on research in individual regions

1) Maluku

  • “Local languages in Maluku: the historical context and current situation”
    Simon MUSGRAVE
    Abstract (4K), Handout (7.6M)

2) NTT

  • “Current research into languages of Nusa Tenggara Timur”
    John BOWDEN
    Abstract (11K), Handout (6.0M)
  • “Language Documentation in Southern Indonesia: Rote, Dhao, and Kupang”
    Jermy BALUKH
    Abstract (16K), Handout (619K)
  • “Current Status of Language Documentation in the Alor-Pantar Archipelago”
    František KRATOCHVÍL
    Abstract (99K), Handout (3.3M)
  • “Comment: Kemak Language: Current Language Documentation”
    I Wayan BUDIARTA
    Proceeding (1.0M),

3) Sulawesi

  • “Language description and documentation in Sulawesi”
    Anthony JUKES and Hendrik PAAT
    Abstract (6K), Handout (30M)

4) Kalimantan

  • “Kalimantan languages: An overview of current research and documentation”
    Antonia SORIENTE and Kazuya INAGAKI
    Abstract (24K), Handout 1 (2.2M), Handout 2 (2.0M)

5) Sumatra

  • “State of Linguistic Research in (South) Sumatera”
    Budi SUDARMANTO
    Abstract (16K), Handout (446K)
  • “Recent Work on Languages in Sumatra: in and around Jambi”
    Timothy MCKINNON

6) Papua

  • “Language Documentation in Papua: The state of the art”
    Apriani ARILAHA, Nikolaus P. HIMMELMANN, Novita NDIKEN and Sutriani NARFAFAN
    Handout (1.2M)

A taste of Nusantara: linguistic diversity in the minority languages of Indonesia

  • “Bantik Morphology: Postulating Subtypes of the bases”
    Atsuko UTSUMI
    Abstract (340K), Handout (29M)
  • “Emotion and Cognition Predicates in Abui”
    František KRATOCHVÍL and Benidiktus DELPADA
    Abstract (61K), Handout (6.8K)
  • “Continuum of Serial Verb Construction and Nominal Clause in Seediq”
    Naomi TSUKIDA
    Abstract (12K), Handout (243K)
  • “What is Kerinci?:An closer look at the geography of its core properties”
    Timothy MCKINNON
    Abstract (40K)
  • “Possessive Constructions in Lamaholot”
    Kunio NISHIYAMA
    Abstract (17K), Handout (883K)
  • “Grammatical relations in Sou Amana Teru”
    Simon MUSGRAVE
    Abstract (17K), Handout (1.6M)
  • “Patient / goal marking in Helong”
    John BOWDEN
    Abstract (42K), Handout (3.6M)
  • “Comments: Research on Individual Languages in Indonesia”
    Ketut ARTARA and Jermy BALUKH

アクセス・お問い合わせ先

会場へのアクセスはこちらをご参照ください。
お問い合わせは、言語ダイナミクス科学研究プロジェクト事務局 lingdy-office[atmark]aacore.net 宛にお寄せください。

印刷

PAGE
TOP