活動Activities

共同利用・共同研究課題

マレー語方言の変異の研究(2017年度~2019年度)

投稿日:2017.04.01

プロジェクトについて

期間:2017~2019年度

マレー語の変種は3億人近い話者人口を持ち,マレーシア,インドネシア,ブルネイで国家語として規範を持つと同時に各地で第一言語・第二言語として使用され,それぞれの地域の民族語と併用されることも多く,変化に富んでいる。本課題は,音韻・形態的特徴の変異からマレー語各方言の歴史的分岐の過程を解明し,民族語として発達してきた変種と通商用ピジンからクレオール化した変種の分布を明確化する。また各地の変異を一覧できるオンライン地図を作成し公開し,急激な変化を続けるマレー語の姿を記述することの重要性を示していく。

研究代表者 内海敦子(明星大学准教授)

詳しくはこちら

印刷

PAGE
TOP