活動Activities

開催日:2019.02.28[木]- 03.01[金]

研究会・シンポジウム / 国際シンポジウム・ワークショップ
終了

国際シンポジウム “Immigrant and Host Languages in Asia, Pacific and Europe: Facts behind Tidy Theoretical Constructs” /第20回東京移民言語フォーラム

投稿日:2019.02.04

日時

2019年2月28日(木) 10:30–17:50
2019年3月1日(金) 13:30–17:00

場所

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階303室

コーディネーター

安達真弓(AA研特任研究員)

プログラム

2月28日(木) 司会:山下里香(AA研共同研究員、関東学院大学)

10:30–10:40
生越直樹(東京大学)
開会あいさつ

【特別講演】

10:40–11:40
John C. MAHER(国際基督教大学)
“From Dante to Fishman: The Role of Migration in Sociolinguistics and in the Language Situation of Ireland”
要旨

【セッション1】アジアにおける移民言語とホスト言語

13:00–14:00
[基調講演]
Haiyoung LEE(梨花女子大学)、Sun Hee PARK(梨花女子大学)
“Research Trends in Korean Language Education for Learners from Multicultural Families”
要旨

14:05–14:35
新井保裕(東洋大学)、生越直樹(東京大学)、孫蓮花(大連理工大学)、李東哲(浙江越秀外国語学院)
“A Sociolinguistic Survey of Koreans in China: ‘Language Socialization’ of Koreans in China”
要旨

14:40–15:10
李在鎬(東京大学大学院)
“Japanese-Korean Bilinguals’ Language Use and Age as Another Factor: Focusing on the Students of a Chosengakko/Cosenhakkyo, Korean School in Japan”
要旨

15:10–15:20
質疑応答

15:20–15:30
休憩

【セッション2】ヨーロッパと太平洋地域における移民言語とホスト言語

15:30–16:30
[基調講演]
Gürol AKTAŞPeter HEIN(Sprach- und Integrationsschule e.V. (SIS e.V.) Berlin)
“Teaching German Language and Culture to Refugees and Migrants in Germany”
要旨

16:35–17:05
林徹(AA研フェロー、放送大学)
“Between Two Languages: Responses to Questionnaire Surveys about Language Use and Language Mixing from Young Turkish-German Bilinguals in Berlin”
要旨

17:10–17:40
岩﨑加奈絵(東京大学)
“The Influence of English and Japanese on Hawaiian: A Brief Review”
要旨

17:40–17:50
質疑応答

3月1日(金) 司会:林徹(AA研フェロー、放送大学)

【セッション3】日本語の未来:移民言語として、ホスト言語として

13:30–14:30
[基調講演]
山下里香(AA研共同研究員、関東学院大学)、安達真弓(AA研特任研究員)
“South Asians and South-East Asians in Japan: Demographic and Sociolinguistic Implications”
要旨

14:35–15:05
Hoang Thanh Danh NGUYEN(早稲田大学大学院)、Thi Huyen Trang LE(早稲田大学大学院)
“Japanese Loanwords Adopted into Vietnamese by Newly Arrived Vietnamese Students and Temporary Workers”
要旨

 

15:05 –15:15
質疑応答

15:15–15:25
休憩

15:25–15:55
Valeriya EVSEENKO(東京大学)、松本和子(東京大学)
“Language Contact in Sakhalin: Japanese and Korean Loanwords in the Russian Language”
要旨

16:00–16:45
[招待講演]
松本和子(東京大学)、奥村晶子(東京大学大学院)、Flavia FEIJO(東京大学大学院)、Marco FONSECA(イリノイ大学大学院)
“The Genesis of Brazilian Portuguese as a Migrant Koine in Japan: Language and Dialect Contact, and the Feature Pool”
要旨

16:45–16:55
質疑応答

16:55–17:00
林徹(AA研フェロー、放送大学)
閉会あいさつ

使用言語

英語

参加費

無料

事前申込

不要

主催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

印刷

PAGE
TOP