活動Activities

開催日:2021.03.02[火]

研究会・シンポジウム / リンディフォーラム
終了

リンディフォーラム:ウェビナーシリーズ (11)

投稿日:2021.02.15

*参加には、お申し込みが必要です。2021年3月1日(月)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

日時

2021年3月2日(火)12:00–12:40

開催形態・場所

zoomによるオンライン開催

プログラム

12:00–12:20
塩原朝子(AA研)、Yanti(AA研共同研究員、Atma Jaya Catholic University of Indonesia)
「マカッサル・インドネシア語:二つの言語が混ざるとき」

インドネシア東部の大都市マカッサルでは、地域の有力な民族語であるマカッサル語とインドネシア語の混成言語が話されていると言われている。
本発表では発表者がイラストを用いて収集したナラティブのデータに基づいて、この「混成言語」の構造上の特徴を明らかにするとともに収集されたテキストに観察される幅広い構造上のバリエーションを多中心性(poly-centricity)という概念を用いて解釈する。

12:20–12:40
質疑応答

使用言語

日本語

参加費

無料

事前申込

受講には申し込みが必要です。以下のフォームよりお申し込みください。

主催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築 (LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

お申し込み

招待メールを送る必要があるため、 2021年3月1日(月)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(応募状況によっては早期満了とさせて頂く場合があります)。
招待メールは開始1時間前までに参加者にお送りいたします。

*今回のイベントをどこ・何で知りましたか? よろしければ「その他」の欄にご記入ください。

印刷

PAGE
TOP