活動Activities

開催日:2020.02.01[土]

研究会・シンポジウム / 共同利用・共同研究課題研究会
終了

モンゴル諸語における言語変容:外的要因と内的要因:2019年度第2回研究会(通算第4回目)

投稿日:2020.01.30

*本イベントは終了しました。

日時

2020年2月1日(土)10:00–18:00

場所

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階302室

プログラム

  1. 山越康裕(AA研所員)
    開会・趣旨説明
  2. 佐藤暢治(AA研共同研究員、広島大学)
    「保安語積石山方言における事態の捉え方」
  3. 塩谷茂樹(大阪大学)
    「民和土族語における主観・客観形式について」
  4. 海老原志穂(AA研共同研究員、AA研フェロー)
    「チベット諸語における証拠性研究の最近の動向」
  5. Erika SANDMAN (AA研共同研究員、ヘルシンキ大学)
    “Egophoric marking in interaction in Wutun”

使用言語

日本語、英語

参加費

無料

事前申込

会場が手狭なため参加を希望される方は事前に山越(yamakoshi [at] aa.tufs.ac.jp [at]は@に置き換え)までお問合せいただけると幸いです。

共催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築 (LingDy3)」
  • 科研費基盤(A)「アルタイ諸言語を対象とした環境の変化と言語の変容に関する総合的研究」(研究代表者:久保智之(九州大学)、課題番号 18H03578)

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局

E-mail: info-lingdy[at]aacore.net※[at]@に変えて送信してください。)

印刷

PAGE
TOP