活動Activities

開催日:2016.03.16[水]

研究会・シンポジウム / 国際シンポジウム・ワークショップ
終了

国際ワークショップ:”Endangered Languages: dialect variation and linguistic identity”

投稿日:2016.03.02

日時

2016年3月16日(水)13:00–16:30

場所

東京外国語大学語学研究所(研究講義棟4階419号室)

プログラム

13:00–13:10
峰岸真琴(アジア・アフリカ言語文化研究所教授)
開会の辞

13:10–14:00
Dr. Mari JONES (Reader, University of Cambridge)
基調講演 “Language endangerment and revitalization”
※詳しいプロフィールは添付プログラムをご参照ください。
プロフィール:http://www.mml.cam.ac.uk/mcj11

14:00–14:20
質疑応答

14:30–15:00
渡辺己(アジア・アフリカ言語文化研究所教授)
“A North American Case of Language Endangerment” (仮題)

15:00-–15:30
塩原朝子(アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)
“Documenting Sumbawa Language with the Sumbawa Literature
Association”

15:30–16:00
新城真里奈(本学大学院博士後期課程、神田外語大学非常勤講師)
“Intonation of a conservative variety of Welsh English”

16:00–16:30
山田怜央(本学大学院博士後期課程)
“The “Passive” in Irish”

16:30
閉会の辞

主催

  • 基盤研究A「コーパスに基づく談話の主題と結束性の研究」(代表 峰岸真琴)
  • 基盤研究B「多言語コーパスの構築と言語教育への応用可能性」(代表 川口裕司)

共催

  • 東京外国語大学 語学研究所
  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「言語の動態と多様性に関する国際 研究ネットワークの新展開(LingDy2)

詳細はこちらをご参照ください。

印刷

PAGE
TOP