研究成果Publications

出版物 / その他

『認知言語学と談話機能言語学の有機的接点』が刊行されました(2020年12月)

投稿日:2021.02.08

LingDy3プロジェクトのメンバーである中山俊秀が編者の一人である『認知言語学と談話機能言語学の有機的接点 用法基盤モデルに基づく新展開』が、ひつじ書房から2020年12月25日に刊行されました。

この本は、LingDy3の活動の一つ、AA研共同利用・共同研究課題「文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性と分散性の研究成果として刊行されたものです

詳しくはこちらをご覧ください。

TUFS Todayのページでも紹介されました。あわせてご覧ください。

印刷

PAGE
TOP