活動Activities

開催日:2022.02.18[金]

研究者養成ワークショップ / 文法研究ワークショップ
要申込

第20回文法研究ワークショップ:「言語接触の諸問題 (2)」

投稿日:2021.11.22

言語接触は、社会言語学・歴史比較言語学・地域言語学・言語類型論・言語習得/獲得など、言語学の多様な分野と関連し、言語記述においても看過できない現象の1つです。本ワークショップでは、記述言語学を研究する若手研究者が中心となり、東アジア・南アジア・西アジアなど、様々な地域と状況において起こっている言語接触をめぐる問題について発表を行います。また、昨年度の第1回目のワークショップ で発表した若手研究者もコメンテーターとして議論に参加することで、 言語接触についての理解を深めます。上記のテーマにご関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

*参加には、お申し込みが必要です。2022年2月17日(木)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

日時

2022年2月18日(金)10:00–12:30

開催形態・場所

Zoomによるオンライン開催

プログラム

2月18日(金)

10:0010:10
倉部慶太(AA研)
趣旨説明

10:1010:40
吉田樹生(東京大学大学院)
「シンハラ語の数標示と言語接触」

10:4011:10
山岡翔(京都大学大学院)
「ベトナム語北部方言における方言間接触:[l], [n] 間のゆれをもとに」

11:10–11:40
北村萌(東京大学大学院)
「ドマリ語エルサレム方言とアラビア語の言語接触:Diasystematic Construction Grammarによる分析」

11:50–12:30
参加者全員
全体討論

参加資格

上記のテーマに関心のある研究者・学生
※ 大学院生以上を原則とします。それ以外の方についてはメールでご相談ください。

定員

20名程度

使用言語

日本語

参加費

無料

事前申込

参加には、お申し込みが必要です。 募集要項をご確認の上、2月17日(木)正午までに、下記お申込みフォームよりお申し込み下さい(ただし、定員に達し次第締め切ります)。
招待メールは開始1時間前までに参加者にお送りいたします。

募集要項

主催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

    お申し込みフォーム

    氏名
    ※Zoom会議室への入室判断に使用します。必須
    所属必須
    身分必須
    メールアドレス[半角]必須
    どこでこのイベントを知りましたか?
    その他
    プライバシーに関する許諾必須

    イベント参加フォームに付けるプライバシーに関する許諾

    本プロジェクトでは、記録および広報を主な目的として、イベント開催中に写真・動画の撮影を行っております。つきましては、肖像権の保護のため、下記の文面をお読みになり、下の「同意します」「同意しません」のいずれかにチェックをお願いいたします。

    私は東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)が、本イベントにおいて記録する、私が特定可能な状態で撮影された写真および動画を、AA研がインターネット(WEBサイト、SNS等)、および出版物(書籍、雑誌等)で使用することを許可します。

    以 上

    上記の内容に

    • いずれか一方にチェックをお願いいたします。
    • 「同意しません」にチェックされた場合でも、内部記録の目的で写真、動画の撮影は行わせていただきますので、あらかじめご了承ください。

    個人情報の利用目的
    お預かりした個人情報は、当該イベントに関する連絡に際してのみ利用いたします。それ以外の目的には使用いたしません。また、個人情報は適切に管理し、あらかじめ本人の同意を得ることなく第三者に提供することのないよう十分に配慮いたします。

    自動返信メールについて
    お申し込み後、自動返信メールを送信いたしますので、お申し込み内容をご確認ください。もし、24時間経ってもメールが届かない場合は、上記問い合わせ先までご連絡ください。

    印刷

    PAGE
    TOP