活動Activities

開催日:2011.07.22[金]- 07.23[土]

研究会・シンポジウム / 国際シンポジウム・ワークショップ
終了

Workshop on Deixis and Spatial Expressions in Indonesian Languages

投稿日:2011.07.22

このワークショップでは、インドネシアで話されている諸言語における、場所ダイクシスや空間表現のさまざまな側面を検討します。発話事象とその関与者を空間的に特定するために、どのような手段が用いられているのかについて、それぞれの研究者の知見を共有し、深め合うことを目的とするものです。

開催日

2011年7月22日(金)~23日(土)

場所

国立民族学博物館(大阪) 第4セミナー室

参加費

無料

主催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 言語ダイナミクス科学研究プロジェクト
  • 国立民族学博物館

登録方法

参加を希望される方は、「ワークショップ申込み」と明記し、 下記の内容をご記入のうえ、7月18日(月)までにE-mailにて事務局宛にお申込みください。折り返しご連絡をさしあげます。どなたでもご参加いただけますが、お席に限りがございますので、できるだけ事前にご登録下さいますよう、お願いいたします。

  1. 氏名(名札用にローマ字表記も添えてください)
  2. 連絡先(ご所属、E-mailアドレス)
  3. 参加日程(全日程、22日のみ、など)
  4. 懇親会参加の有無(7月22日 18:00より開催予定。参加費 3,900円)

言語ダイナミクス科学研究プロジェクト(LingDy)事務局
lingdy-office[atmark]aacore.net

スピーカー

  • Alexander ADELAAR (メルボルン大学アジア研究所/国立民族学博物館)
  • Anthony JUKES (ラ・トローブ大学)
  • Antonia SORIENTE (ナポリ東洋大学/マックス・プランク進化人類学研究所)
  • 塩原 朝子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 内海 敦子 (明星大学)
  • Bambang Kaswanti PURWO (アトマ・ジャヤ カソリック大学)
  • Connie DE VOS (中央ランカシャー大学手話・聾研究国際センター/マックス・プランク心理言語学研究所)
  • Daniel KAUFMAN (Endangered Language Alliance)
  • I Wayan Arka (オーストラリア国立大学アジア太平洋研究所)
  • John BOWDEN (マックス・プランク進化人類学研究所ジャカルタフィールドステーション)
  • 稲垣 和也 (京都大学)
  • 西山 國雄 (茨城大学)
  • Michael EWING (メルボルン大学)
  • Dwi Noverini DJENAR (シドニー大学)

コーディネーター

  • Anthony JUKES (ラ・トローブ大学)
  • Antonia SORIENTE(ナポリ東洋大学/マックス・プランク進化人類学研究所)
  • 塩原 朝子 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 内海 敦子 (明星大学)
  • 菊澤 律子 (国立民族学博物館)

プログラム

プログラムの詳細は、下記をご覧ください。

TIMETABLE

22 July (Fri.)

9:00–9:30 Regisitration
9:30–9:45 Opening talk

General

9:45–10:30 A Tripartite Structure for Demonstrative Pronouns

Kunio NISHIYAMA (Ibaraki University)

Abstract (14K), Proceeding (157K)

Sulawesi

10:40–11:25 Deictic agreement in Mamuju and beyond

Daniel KAUFMAN (Endangered Language Alliance)

Abstract (23K), Proceeding (98K)

11:25–12:10 Deixis and Spatial Reference in Makassarese

Anthony JUKES (Research Centre for Linguistic Typology, La Trobe University)

Abstract (10K),

12:15–13:00 Deixis and Spatial Reference in Bantik

Atsuko UTSUMI (Meisei University)

13:00–14:00 Lunch

Sign Language

14:15–15:00 Spatial and non-spatial deixis in Kata Kolok: pointing out differences

Connie DE VOS (International centre for Sign Language and Deaf Studies, University of Central Lancashire/ Max Planck Institute for Psycholinguistics)

Abstract (12K), Proceeding (1.1M)

Kalimantan

15:00–15:45 Deixis in Kenyah and Punan languages of Borneo

Antonia SORIENTE (University of Naples “L’Orientale”/ Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)

Abstract (24K), Proceeding (88K)

15:45–16:30 The system of spatial reference in Kadorih

Kazuya INAGAKI (Kyoto University)

Abstract (77K),

23 July (Sat.)

Indonesian-Javanese

10:00–10:45 This and That in Indonesian

Dwi Noverini DJENAR (The University of Sydney)

Abstract (20K),

10:45–11:30 The Indonesian Sampai: from Space to the Deictics (of Time and Person) and to the Pragmatics (of Precipitation)

Bambang Kaswanti PURWO (Atma Jaya Catholic University)

Abstract (16K), Proceeding (170K)

11:40–12:25 The pragmatic uses of demonstratives in Javanese conversation

Michael EWING (The University of Melbourne)

Abstract (11K),

12:25–14:15 Lunch and Museum viewing (optional)

Eastern Indonesia

14:15–15:00 Demonstratives in Sumbawa

Asako SHIOHARA (ILCAA, TUFS)

Abstract (73K), Proceeding (729K)

15:00–15:45 Deixis in Taba

John BOWDEN (Jakarta Field Station, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)

Abstract (62K),

Beyond Indonesia

16:00–16:45 Paradigm Classes and Deixis in Marori

I Wayan Arka (College of Asia and the Pacific, ANU)

Abstract (15K), Proceeding (405K)

16:45–17:30 Deictics and the morphological expression of location and direction in Siraya

Alexander ADELAAR (Asia Institute, University of Melbourne/ National Museum of Ethnology)

Abstract (64K), Proceeding (233K)

17:30–17:45 Closing talk/ business meeting

ABSTRACTS/PROCEEDINGS

Speaker Abstract Proceedings
Handouts
Alexander ADELAAR (64K) (233K)
Anthony JUKES (10K)
Antonia SORIENTE (24K) (88K)
Asako SHIOHARA (73K) (729K)
Atsuko UTSUMI
Bambang Kaswanti PURWO (16K) (170K)
Connie DE VOS (12K) (1.1M)
Daniel KAUFMAN (23K) (98K)
Dwi Noverini DJENAR (20K)
I Wayan Arka (15K) (405K)
John BOWDEN (62K)
Kazuya INAGAKI (77K)
Kunio NISHIYAMA (14K) (157K)
Michael EWING (11K)

アクセス・お問い合わせ先

会場へのアクセスはこちらをご参照ください。
お問い合わせは、言語ダイナミクス科学研究プロジェクト事務局 lingdy-office[atmark]aacore.net 宛にお寄せください。

印刷

PAGE
TOP