お知らせNews

終了したイベント(開催報告)

Japanese Studies Association of Australia Biennial Conference (JSAA 2019)

投稿日:2019.06.19

LingDy3プロジェクトメンバーの青井隼人と大槻知世の2名が、2019年7月1日(月)–4日(木)にMonash University(オーストラリア、メルボルン)で開催されたJapanese Studies Association of Australia Biennial Conference (JSAA 2019) にて、以下の発表を行いました。
(写真は国立国語研究所 言語変異研究領域 提供)

7月2日(火)

  • Aoi, Hayato
    “How Can Nominative and Genitive be Distinguished in the Tarama variety of Miyako Ryukyuan?: Syntactic, Semantic, and Prosodic cues”

7月3日(水)

  • Nakazawa, Kōhei, with Tomoyo Ōtsuki and Salvatore Carlino
    “‘Word+particle’ fusion forms across Japanese dialects: A study based on the ‘Corpus of Japanese Dialects’”
  • Ōtsuki, Tomoyo, with Salvatore Carlino and Kohei Nakazawa
    “Developing linguistic studies with the ‘Corpus of Japanese Dialects’”

 

詳しくはこちらをご覧ください(英語)。

 

(2019年6月19日 記事公開)
(2019年7月4日 記事更新)
(2019年7月9日 記事更新)

印刷

PAGE
TOP