活動Activities

開催日:2021.03.26[金]

研究者養成ワークショップ / テクニカルワークショップ
終了

テクニカル・ワークショップ / 情報資源利用研究センター (IRC) ワークショップ「 デジタル・ヒューマニティーズを言語学に活かすには 」

投稿日:2021.03.01

*本イベントは終了しました。

近年、日々進歩するデジタル技術を利用して、人文学の資料や知見を保存・公開・拡張する営み、いわゆるデジタル・ヒューマニティーズと呼ばれる分野が活発化しています。特に、コロナ禍でフィールド調査に赴くことの難しい現在、これまで採集したデータを生かしたデータベースやアーカイブの構築、あるいはデジタル資料に基づく研究の新しい展開を考えている言語研究者も増えているのではないでしょうか。

本イベントでは、人文学のデジタル化に取り組んできた若手研究者2名のトークを軸に研究手法の事例について知り、デジタル・ヒューマニティーズの手法を私たちの研究に活かす方法を考える機会を持ちたく思います。

デジタル・ヒューマニティーズにご関心のある方、データの収集方法や既存のデータの扱いに悩んでいる方、さらには既にデジタル・ヒューマニティーズの手法での人文学研究を行われてきた方など、本テーマにご関心のあるみなさまのご参加をお待ちしています。

日時

2021年3月26日(金)13:30–15:00

開催形態・場所

zoomによるオンライン開催

プログラム

13:30–13:40
岩崎加奈絵AA研特任研究員) 
「趣旨説明:言語資料デジタル化のさまざまな『壁』」

13:40–14:10
王一凡(東京大学大学院)
「デジタルデータを作って使うこと」
現在の研究やプロジェクトで関わっている、テキスト・文字・画像などに対する様々なデジタル・ヒューマニティーズ的な取り組みを紹介していきます。人文学の研究データをデジタル形式に落とし込むことで、どのような応用や分析の可能性が広がるか、具体的なイメージをつかんでいただく助けになればと思っています。

14:10–14:40
塚越柚季(東京大学大学院)
「テクストデータの構造化」
言語によるものの電子テクストは広く利用されています。自身で電子化したテクストを持っている場合もあるでしょう。文章がベタ打ちされたものから、形態情報や統語構造などを詳細に含むコーパスまで、電子テクストの形式は様々です。ここでは、テクストの構造を記述するために、XML というマークアップ言語とその周辺知識について紹介します。こうしたデータは、一定の決まりを守って作られれば、言語学はもちろんのこと他の研究分野でも幅広く利用されることが期待できます。また、私が現在取り組んでいる、サンスクリット文献『リグ・ヴェーダ』のテクストの構造化もあわせて紹介します。

14:40–15:00
全体討論

参加資格

本テーマに関心のある、言語資料を用いる分野の学生・研究者

定員

30名程度

使用言語

日本語

参加費

無料

事前申込

受講には、お申し込みが必要です。募集要項をご確認の上お申し込み下さい。

募集要項

共催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター
  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

お申込み

招待メールを送る必要があるため、 3月25日(木)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(応募状況によっては早期満了とさせて頂く場合があります)
招待メールは開始1時間前までに参加者にお送りいたします。

*今回のイベントをどこ・何で知りましたか? よろしければ「その他」の欄にご記入ください。

印刷

PAGE
TOP