活動Activities

開催日:2020.10.30[金]

研究者養成ワークショップ / テクニカルワークショップ
終了

テクニカル・ワークショップ:「プレゼンテーションのためのスライドデザイン」

投稿日:2020.09.15

*本イベントは終了しました。

このワークショップは少数言語・危機言語のフィールドワーク、ドキュメンテーションをおこなっている研究者・学生の皆様を対象に、調査・研究に役立つ知見や知識を伝えることを目的としています。今回は「スライドデザイン」をテーマとしたワークショップを開催します。いまやパワーポイントやキーノートといったソフトウェアは、学会発表では欠かせないプレゼンテーションツールです。しかしその技術について改めて学ぶような機会はそれほど多くありません。このワークショップでは、プレゼンテーションのなかでも特に「スライドデザイン」に焦点を当てて、実践的な演習も交えながら講義します。ワークショップを通じて、スライドの良し悪しについて判断する目を磨き、自身のスライドデザインの課題を明確にします。

 

日時

2020年10月30日(金)13:30–16:30

開催形態・場所

zoomによるオンライン開催

講師

  • 大槻知世(静岡英和学院大学)

進行

  • 青井隼人(AA研特任研究員/国立国語研究所)

プログラム

13:15ごろ
開室

13:30–16:30
ワークショップ(以下のようなトピック を扱います)

  • プレゼンの構想
  • スライドを効率よく作る準備
  • スライドを効率よく作る
  • スライドデザイン
  • テキストデザイン
  • ビジュアル素材(グラフ、写真、図表)
  • 話し方(予行演習、当日)

※終了後、30分程度はそのまま開室の予定です。

参加資格

  • プレゼンテーションに苦手意識がある方
  • 自分のプレゼンテーションを改善したい方
  • スライドを使った発表に挑戦してみたい方

※ 大学院生以上を原則とします。それ以外の方についてはメールで問い合わせ先記載のメールアドレスまでお問い合わせください。
※ フィールド科学や言語学の専攻でなくても構いません。

定員

10名程度

使用言語

日本語

参加費

無料

事前申込

受講には、お申し込みが必要です。募集要項をご確認の上お申し込み下さい。

募集要項

主催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

お申込み

*満席となりましたのでお申し込みを締め切らせて頂きました。お申込みありがとうございました。(2020年10月24日 9:30追記)

招待メールを送る必要があるため、 10月29日(木)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(ただし、定員に達し次第締め切ります)。
招待メールは開始1時間前までに参加者にお送りいたします。

印刷

PAGE
TOP