活動Activities

開催日:2020.05.08[金]

研究者養成ワークショップ / テクニカルワークショップ
終了

テクニカルワークショップ:「オンライン研究会のすすめ方」

投稿日:2020.04.23

*本イベントは終了しました。

今回は「オンライン研究会」をテーマとしたワークショップを開催します。昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、オンラインでの研究会開催の需要が高まってきています。研究会のオンライン開催は、遠隔地からの参加や自宅からの参加を可能にするため、今のような非常時に限らず、多様な働き方が求められるこれからの社会において、さらなる需要拡大が見込まれます。

どこからでも参加できるのがオンライン研究会の魅力の一つですが、その一方で、対面ではないことによるやりづらさを感じる人もいるはずです。そこでこのワークショップでは、オンラインでの研究会の運営や発表をする上で気をつけるべきポイントを整理し、共有しあいます。このワークショップへの参加が、オンラインでの研究会や勉強会を主催してみようと思うきっかけになれば幸いです。

上記のテーマにご関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

日時

2020年5月8日(金)14:00–16:00

場所

Zoom会議室

*入室のための情報は開始1時間前までに参加者に通知いたします。

講師

  • 青井隼人(AA研特任研究員、国立国語研究所)

プログラム

13:45ごろ  開室

ワークショップ

  • ZOOMの基本操作(マイク、カメラ、チャット、画面共有など)
  • ブレイクアウトセッション(自己紹介)
  • オンラインでのコミュニケーションのコツ
  • ミニレクチャー「オンラインでも伝わる研究発表のポイント」

レクチャー

  • オンラインファシリテーションのポイント
  • 質疑応答
  • その他、オンライン研究会/勉強会/授業の情報交換

*終了後、30分程度はそのまま開室の予定です。

*途中入退室は自由です。

*招待メールを送る必要があるため、必ず事前に参加申込みをしてください。

参加資格

  • オンライン研究会を主催する予定がある、もしくは主催したい方
  • これまでに参加したオンライン研究会に不満がある方
  •  オンラインでの研究発表や授業を控えている、もしくは改善したい方

*大学院生以上を原則とします。それ以外の方についてはメールでご相談ください。

*フィールド科学や言語学の専攻でなくても構いません。

定員

10名程度

使用言語

日本語

参加費

無料

事前申込

受講には申し込みが必要です。募集要項をご確認の上お申し込み下さい。

募集要項

主催

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築 (LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

お申し込み

*満席となりましたのでお申し込みを締め切らせて頂きました。お申込みありがとうございました。(2020年5月1日 9:50追記)

*多数のお申込みを頂いており、残席が残りわずかとなっております。参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。(2020年4月28日 14:00追記)

参加には、お申し込みが必要です。5月7日(木)正午までに、下記お申し込みフォームよりお申し込みください(ただし、定員に達し次第締め切ります)。

*他の参加者に聞いてみたいことや解決したい悩みが具体的にある方は、申込フォームの「その他」にお書きください。

印刷

PAGE
TOP