活動Activities

開催日:2018.12.09[日]

研究会・シンポジウム / 共同利用・共同研究課題研究会

「文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性と分散性」2018年度第1回研究会

投稿日:2018.10.25

日時

2018年12月9日(日)10:00–18:00

場所

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階306室

プログラム

  • 中山俊秀(AA研所員)
    「文法の多様性と「逸脱的構造」」
  • 大谷直輝(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「英語のbetter off構文が持つ統語的・意味的・談話的特性の記述の試み」
  • 黒田航(杏林大学)
    「そもそもヒトは逸脱文にどう反応するのか?ー日本語文の容認度評定データベース (ARDJ) 構築の研究 (第一期) から,容認度(評定)の実態についてわかって来た幾つかの事柄」
  • 加藤重広(AA研共同研究員,北海道大学)
    「日本語における構造規則と運用規則の衝突」
  • 吉川正人(慶應義塾大学)
    「”The funny this is …”: 誤表記が物語る慣習と創造の最適配合としての文生成」
  • 全員
    オープンディスカッション

使用言語

日本語

主催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築 (LingDy3)」

問い合わせ先

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 LingDy3事務局
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net(※[at]を@に変えて送信してください。)

印刷

PAGE
TOP